困った症状の眼瞼下垂を対処するには手術が基本

困った症状の眼瞼下垂を対処するには手術が基本

目元

眼瞼下垂は美容外科でもできる

目に起こる症状は眼科で対策できます。形を変えるための施術であれば形成外科でも可能です。しかし、やはり見た目の美しさを気にするのであれば、美容外科でも施術してくれないか検討してみましょう。眼瞼下垂手術はまぶたの形成手術ですので、美容外科でも行なってくれることが多いです。

レディ

筋肉の短縮術

筋肉は伸縮することで関節や部位が動いていきます。しかし、この筋肉が伸びたままになってしまうことがあるのです。眼瞼下垂もそれが原因で起こることがあります。この場合は挙筋短縮術を利用します。離れてまぶたから挙筋腱膜が離れてしまっているなら、腱膜前転術で結び付ける方法がとられます。

目元

皮膚を切り取る

まぶたの脂肪が厚くなりすぎて、目に覆いかぶさっている状態ならば眼瞼皮膚切除が最適です。加齢によって皮膚はどんどんたるんでいきますが、この切除術によって余計な皮膚が取れます。まぶたを二重にする美容面に着目した施術もできますので、悩みがある人の助けになってくれるでしょう。

どう違うの?眼瞼下垂手術と二重整形

二重整形

ぱっちりした目になりたい人が受けられるので、特にまぶたに皮が覆いかぶさっていなくても受けられます。ただし自由診療なので保険はききません。二重まぶたを安定して維持できます。

眼瞼下垂手術

眼瞼下垂が重度の場合には、保険が適用されるので二重整形よりも安い値段で施術を受けられます。単に眼瞼下垂を治してもらうだけなら二重になれるというわけではないので注意しましょう。

広告募集中